借入金の利息計算を制すれば、返済も計画的に可能

家を担保にお金を借りようとも、気軽なキャッシングであろうとも審査はある

Posted by on 10月 29, 2014 at 7:56 PM in お金

キャッシング、ローン、借金、債務、その呼び方はさまざまではありますがお金を借りることに変わりはありません。
家を担保にお金を借りるような大きな借り入れでも、数万円ほどの気軽なキャッシングでもお金を借りる以上、そこでは必ずフリーローンの審査が行われます。
審査とはいったいなんでしょうか。
お金を借りるときには、業者はその人に貸付しても返済があるかどうかを確認しなくてはなりません。
貸し付けたものの返済がないのであればそれは金融業者にとってのリスクとなります。
審査があいまいに行われ、基準も定まらないのであれば金融業者は安定した運営をしていくことはできないでしょう。
貸した金額の返済ができるかどうか、それが審査によって判断されます。
一般的にはそれを返済能力としています。
返済能力は個人によって違いがあります。
比べるべきは年収だけではなく、そこから考えられる支出を差し引かなくてはなりません。
収入のすべてを返済に充てることができませんのでそれは当然のことです。
基本的にはコンピューター審査となっており、年齢や職業、家族構成など詳細な属性によって点数が採点され合格点を探します。
お金を借りるときに行われる審査はさまざまな項目があります。
土台となる審査項目はどこでも同じようなものではありますが、その金融業者が最も重要視していることもあり若干の違いは出てくるものです。
審査に関係する法律や取り決め、ルールもあり、審査を受ける前に知っておいた損の無い情報をご紹介していきましょう。

キャッシングの返済方法を理解しよう

Posted by on 7月 10, 2014 at 12:09 PM in 未分類

キャッシングの返済方法は、どのような種類があるのか御存じでしょうか?
キャッシングを初めて利用される方でなくても、返済方法の仕組みについて、正確に説明できる方は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。
返済額と返済方法の仕組みを理解しておくことで、キャッシングに対する返済を確実に行っていくことにつながってきます。

キャッシングを含む金銭の返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2通りがあります。
「元利均等返済」とは、毎月元金+利息の返済総額が、一定の返済方式です。
毎月の返済額の中で、元金と利息の内訳が変化していきます。
「元金均等返済」とは、毎月一定額の元金+利息を支払っていく方式です。
元金部分が一定であり、利息額は毎回少なくなっていきます。

同じ金額の利用であれば、最初の返済額は「元金均等返済」が若干大きくなります。
一方、総トータルの返済額は、「元利均等返済」が若干大きくなってきます。
通常は、キャッシング会社や商品によって決められていますので、どちらかを選択することはできないようになっています。

ノーローンのキャッシングで、一番多い返済方法が「リボ払い」といわれる方式です。
毎月一定額の決められた金額を、返済が終了するまで払い続けるというものです。
基本的には「元利均等返済」と、同様の返済方式ですが、利用額に応じて、返済額が変更される場合もあります。

返済額の計算は、金融に精通された方でも困難なものです。
しかし、仕組みを理解しておけば、商品の違いにより返済方法も異なっていることが分かってきます。
その結果、自分に応じた商品を選ぶことができるのです。

プロミスの年利は何パーセント?

Posted by on 6月 27, 2014 at 7:13 PM in 金融

プロミスの利息は、それぞれのカードローン商品によって若干の違いがあります。まず、最も人気の高い「フリーキャッシング」は、6.3%から17.8%の実質年率が適用されます。ここに、プロミスの「無利息期間」が30日分加わるので、どのカードローン会社よりもお得に借入をする事が出来るのです。

「事業者向けローン」と呼ばれる商品では、同じく6.3%から最大17.8%の年率で貸付けが行われます。フリーキャッシングは生業費として使われるのに対し、事業者向けのローンは、生業費に合わせて事業費用としてローンを使う事が可能です。急な事業資金が必要となった場合は、保証人無しで借りる事の出来る、プロミス「自営者向けローン」の利用が大変便利です。

また、最初からローンの使い道が決まっている方におすすめの「目的ローン」と呼ばれる商品があります。(プロミスに)ローンで借りたお金を使う場所を申告する必要がありますが、他のローン商品よりも更に低い金利で、お得に借入をする事が出来ます。

冠婚葬祭や出産、引っ越しの資金でお困りの方や、マイカー、教育資金が必要な方は、ぜひ「目的ローン」に申し込んでみて下さい。年率は6.3%から16.5%で利用可能です。

最後に、プロミスでは「貸金業法に基づくおまとめローン」と呼ばれる商品が存在しています。これは複数にまたがった他社の借入を、プロミスで一本化する事が出来るのローン商品となっています。

金利は、事業者ローンやフリーキャッシングと全く同じです。ただ、貸金業法に基づくおまとめローンは、年収の1/3を越える借入があったとしても、審査に通る確率が非常に高いローン商品となっています。返済負担でお困りの方は、ぜひ申し込んでみて下さい。

初めての方必見!キャッシングサービス利用先は金利だけで選ばない

Posted by on 6月 10, 2014 at 11:07 AM in キャッシング

キャッシングサービスを初めて利用するとなると、まず気になるのは金利のことだと思います。出来るだけ金利の低いところで借りたい!誰だってそう思うのは当然のことですし、気になるのも当たり前だと思います。

給料日まで数日間だけ借りる!すぐに一括返済する、という場合は金利の安さを優先して決めるのはいいと思います。ですが、キャッシングサービスを利用する方の多くは、数回・数年にわたり返済しているようですし、一括返済ですぐに返済したとしてもその後、急にお金が必要になった、という時に再度利用されているケースが実に多いのです。

もちろん、困った時のキャッシングサービスですし、きちんと返済していけるなら返済が数回・数年かかろうと、再度利用しようと構わないと思います。しかし、金利だけでどのキャッシングサービスを利用するかを決めてしまったために借入れや返済のたびに手数料がかかってしまうと金利0.0△%の違いよりも総額で考えると多くの金額が必要になる、ということもあるので注意が必要です。

銀行や銀行系カードローンの中には各金融機関のATMだけでなく提携ATMでの借入れ&返済は全て無料、というところもあります。例えば、このようにATM手数料無料のカードローンの年利が15.0%のA社のキャッシングサービスと借入れ&返済のたびにATM手数料や振込み手数料がかかる年利14.6%のB社があった場合、年利(金利)だけで比較すると当然B社が安く飛びつきたくなると思いますが、借入れ&返済を繰り返す可能性を考えると果たして本当にお得か?ということになります。金利だけでなく、手数料や利便性のことも考えてキャッシングサービス先を決めることをおススメします。

参照元:利用基準からみるノーローンの審査とは?

お金を借りる方法は数多くある

Posted by on 6月 9, 2014 at 9:52 PM in 融資

お金を借りる方法自体には実はそう大きな違いがないのではないでしょうか。お金を借りる目的と、どこで借りるのかが大きな違いとして利用者には感じられるものです。

お金を借りる目的によって、借り入れ先が変わってきます。住宅ローンなどのように大きな金額を長期間に渡って利用するものなら、銀行がやはり良いでしょう。他にも自動車や結婚に関する費用など目的によっては、銀行の目的ローンを利用することになります。

ただし、銀行は審査に時間がかかることがあります。すぐにお金を借りたいという時には、消費者金融や場合によっては信販会社などのキャッシングと呼ばれる商品に申し込むことになるでしょう。

まずは自分の借り入れ目的を明確にすること、さらにいくらぐらい借り入れするのかということをはっきりと決めておきましょう。はっきりと何かを購入するためなどの目的が定まった借り入れではない場合は、フリーローンやフリーキャッシングを利用することになります。

いずれにしても、必要な書類などはローンの種類と金融機関によっても違ってきます。借り入れ先を決める時には、どういった準備が必要でどれぐらいの期間で実際にお金が借りられるようになるのかを知っておきましょう。

申し込み、審査、契約という流れはほぼローンやキャッシングでは違いがないのですが、それぞれにかかる時間や必要なものが違ってきます。金利が低く、保証人や担保が必要なローンは、準備するものも当然多くなりますし審査にも時間がかかるようになります。

キャッシングも他の融資と同様に考える

Posted by on 6月 4, 2014 at 12:21 PM in 融資

融資を受けるときにはどんなときにも慎重でないといけません。大きな金額の借り入れと分かっている住宅ローンでは、借りる前に検討に検討を重ねて借り入れ先を決定しますね。

一旦決定してしまうと、借り換えにも費用がかかりますし手間もかかります。20年、30年の期間を返済し続ける融資ならじっくりと考えて決めるのは当然とも言えるでしょう。

しかし、特に決まった目的でなく自分で決めることができるキャッシングなどは、気軽に利用できるのが特徴ですから借り入れ先を目についたところにさっと決めてしまいがちです。

金額が少ないからすぐに返せるから、という理由からどこで借りても大きな違いはないと思いがちです。しかしキャッシングと一口にいっても銀行が発行するカードローン、信販会社のクレジットカードでキャッシング機能を利用すること、消費者金融での借り入れといったように種類はたくさんあります。すべて同じように使えるので、大きな違いを感じないかもしれませんが、銀行が発行するカードローンは貸金業法の対象外となります。

何度も借り入れをして、返済をするという利用方法ができるわけですから、利用期間が長くなることも多々あります。キャッシングで借り入れ前に検討するべきなのは、その使い勝手でしょう。長い間不便だなと感じながら利用するということにはならないためにも、金利以外の部分にも注意が必要なのです。

簡単にできるキャッシング審査でも、お金を借りて利息を払うことには変わりがありません。違いが少ないからこそじっくりと検討するべきでしょう。

フリーローンやクレジットカードで断り…どこからも借りれない?

Posted by on 12月 2, 2013 at 10:06 AM in お金

お金に困っている人の中には、何度も申込をしたがフリーローンやクレジットカードで断りになってしまう…という人もいるのではないでしょうか。そうした状態になると、やはりどこからも借りることはできないのでしょうか?

まず、とりあえずどんどん申込をするのをストップする必要があります。申込は短期間にたくさんしてしまいますと、実はその履歴は申込をしただけで審査に通ってなくても個人信用情報機関に登録されてしまいます。「申込ブラック」といって、短期間のうちにあちこちで申込をして断られ続けていると、お金に困っていて回収不能になる可能性が高くて危険な客とみなされ、審査が通らなくなります。

申し込む側としては何の気なしに、ここがダメだった、またこっち、というように申し込んでいるだけでも、一定基準を超えた申込が短期間に集中するとそれだけで申込ブラックとされてしまうのです。その判断基準は各社違いがありますが、1ヶ月3社まではセーフ、4社以上はアウトになる可能性が高いといわれています。断られ続けて借りれないというのはこうした負のループにあることも原因かもしれません。

また、自分がなぜ審査に通らないのかを見直すことが重要です。もし他社での借り入れ件数が多いのであれば借り入れ残高の少ないものから完済してしまって件数を減らすというのも審査に通りやすくなるポイントですし、また収入や勤務先などは属性を高くするために変えることというのはすぐには難しいことですが、勤続年数が問題である可能性もあります。勤続年数は1年程度、最低でも6ヶ月以上は必要といわれています。あとは希望利用額ですが、希望額に届かなくても小額の融資でしたら通る可能性というのもあるかもしれません。審査に落ちた原因を見直して改善できるところは改善してから、あらためて申込にのぞんでみましょう。

借入金の利息計算を制すれば、返済も計画的に可能

Posted by on 5月 30, 2013 at 7:45 AM in お金

借入をすれば、嫌でも付いてくるのが利息ですが、皆さんはちゃんと返済に関して、利息などを考慮して計画的に利用していますか?
まぁ今では借入出来るカード会社任せで、殆んど考えなくても返済出来ると言えばそうなんですが、、、でもその利息がどの様な形で付いているのか、どれだけの金額に変化があるのかなどの確認もした方が更に安心して使えると思います。イオン銀行カードローン ユトリプランなど確認してみましょう。

返済以上に借入れてばかりいれば、嫌でも返済に影響が出てきます。使い過ぎにもコントロールが必要ですが、利息の分もちゃんと視野に入れて置かないと、ずっと繰り返しているうちに、知らない間に後になって利息分だけでこんなに取られたのか!と驚く時も実際に有り得ます。それを回避する為にも借入金に対しての利息をちゃんと把握しておきましょう。

ではどの様に把握するかと言うと、非常に簡単です。各カード会社やカード関連のHPで返済シミュレーションを行えば直ぐに利息計算が出来ます。簡単な入力で借入金額にたいしてどれだけの利息が付いて、どれだけの返済期間を要するかがひと目で分かります。
中には、カード会社のユーザーのページが用意されていて、その中に細かく計算出来る会社もあります。

どうしても分からなくて不安な場合は電話で聞いてみても良いでしょう。実際問題、借入金の利息の計算を制することが出来れば、借入も返済も非常に計画的に出来る様になり、金銭的な負担だけでなく、精神的負担も少なくて済むので効果的です。細かく出来ない人は、時々でも良いので、利息計算して現状を把握しておくのも今後の為にも良いでしょう。